ボディピアスとは?

リング型のボディピアスについて

ボディピアス

ボディピアスの中で最も一般的なのは、「キャプティブビーズリング」といわれる物です。
これは、2ヵ所が凹んだボールをシャフトで挟むという構造になっており、そのボールを外してホールに通します。
シャフトが細かったり、リングの内径が大きめの物であれば、ボールとの境目に爪をかけるなどすれば、わりと簡単に外れます。
しかし、シャフトが太くなったり、内径が小さめの物だと、素手で外すのが困難になってきます。
そういった時は、「オープンプライヤー」や「クローズプライヤー」といった工具を使う必要があります。
オープンプライヤーは、「逆ペンチ」とも呼ばれ、取っ手を握ると先が開くという構造になっています。
先の部分を内径に入れて握れば、シャフトが開いてボールを外すことができます。
クローズプライヤーはこれの反対で、普通のペンチと同じ構造です。
オープンプライヤーで開きすぎたという時などに使います。
これらは、ボディピアス専門店で買うことができます。

ボディピアスはやっぱりラブレットスタッド

ボディピアスは、若者向けのアクセサリーのひとつとして話題に上ることが増えてきていますが、中でもラブレットスタッドと呼ばれるタイプの商品に対する人気が高まっています。
ラブレットスタッドの商品は、装着方法が難しいことや、デザイン性が優れていることが大きな特徴ですが、全身のおしゃれにこだわりたい人にとっては、最適なアイテムといえます。
特に、有名なメーカーが取り扱っているボディピアスのデザイン性の高さに関しては、様々なファッション誌で取り上げられることがあり、価格帯や安全性、機能性などをきちんと検討することが大事です。
ラブレットスタッドの商品を数多く取り揃えている店舗は、都市部の繁華街を中心に増加傾向にあり、オシャレのコツを掴みたい場合には、積極的に来店をすることが勧められます。
また、実際にボディピアスを日常的に利用している人の体験談を参考にすることで、各自のニーズにぴったりのアイテムを見極めることができます。

Valuable information

Last update:2017/1/19